イグドラシルトゥールーズ

ル・プティ・トゥ・ユア・シティ・ガイドピンクで街を見るには無料

  • D日曜日営業
  • d新しい
  • 実用的な情報:
  • 無線LAN

イグドラシル?どのような面白い名前...それは北欧の神話の寺院ですか? Hervéと私がParga通りに沿って歩いていたとき、私たちはその場所で夜を終わらせることは想像できませんでした! Truceの韻、Yggdrasilは効果的なオリジナルとしてそのコンセプトを強調するためにフリルを必要としません:遊び心のあるレストラン。このアイデアはシンプルで、71種類のボードゲームのリファレンスにセルフサービスでアクセスできるので、手頃な価格でおいしい食事を楽しむことができます。 Gaspardは、すべての形のゲームの愛好者で、このコンセプトを提案する最初のピンクの都市です:1つは有効です!

スターター:7-6€、料理:8-10€、デザート:4-6€。

65 ruePargaminières

コメントを残す 答えをキャンセルします。

このニュースを共有する

出版物を共有する "フォームの確立"

アッシュ・イグドラシル

フリードリッヒ・ヴィルヘルム・ハイネ

北欧の神話では、 ユグドラシル (旧ノルウェー ユグドラシル;余分な -リットル )は、宇宙の中心に位置し、北極圏の宇宙論の9つの世界に一緒に加わる偉大な灰の木である世界樹です。木の幹は、これらの世界の周りに垂直軸を形成していると考えられます。アスガード、神の世界、上部にはHel、下部にはNiflheimにあるHelがあります。ミッドガード、またはミドルアース(人類の世界)は、中央に位置し、巨人の土地であるヨントニアイムに囲まれています。どちらも海に隔てられています。イグドラシルは時には Mimameid ゴールド Laerad.

語源と別名

名前の中で最も一般的に認められている語源は、 YGG "ひどい" + drasil 「スティード」。名前は「恐ろしい馬」を意味するが、それは通常神のオーディンの象徴であるイグルとの「恐ろしいものの馬」を意味すると解釈される。言い換えれば、オヒンの馬は、9ナイトを指している、または "指導者に乗っている"と、ルーンアルファベットの知識を得るためです。

教職員は、時には「吊るされた馬」としての旧ノルウェーの詩に記載されています。 「恐ろしい馬」の場合、オーディンとの関連は二次的であり、任意の数のライダーが可能である。語源的な困難を伴う第3の解釈は、「イー・コラム」であり、木を Eihwaz ルーン。

フョルスヴィーズルの言葉, 詩的なエドダの詩、世界の木を参照 Mimameid (旧ノルウェー: Mímameiðr, 「ミミールの木」)。この木は、おそらくLaerad(Old Norse: læraðrHeidrun(Old Norse) ヘイズルーン)とスタッグEikthyrnir(旧ノルウェー: エイクスュルニル)。

イグドラシルの特徴は著しく VOLUSPA, 最初の詩 詩的なエッダ.

スタンザ2では、宇宙が若かったときにオーディンに助言するヴォルヴァ(または崇拝者)は、自分の古代の過去を思い出します。 Yggdrasil '栄光のMjötviðr'はまだ '下の地面の前に苗'だった。名前 mjöt-VIDR 「適切な尺度の木材」を意味し、それぞれの特徴が適切な量を持っている生きている宇宙の調和を表しています。

スタンザ19では、ヴォルバはツリーの説明を提供します:

"私は灰色の木がYggdrasillと呼ばれ、 輝く栄養を与えられたロームに浸された高木。 そこから谷に落ちる露が現れ、 常緑樹、それはwyrdの上に立つ。 [1]

スタンザ20では、彼女は3つのノーンの出現を詳述しています。

スタンザ27はより明瞭ではなく、最初の2つの行はHeimdallとの接続を指しています。

"彼女はHeimdallの聴覚が隠されていることを知っている 輝く神聖な木の下で。 [1]

John Lindow [2]やCarolyne Larrington [1]を含む奨学生は、Heimdallが2種類の難聴のうちの1つを持つ可能性があると示唆しています。 ギュルヴィたぶらかし 彼は羊の後ろの土や羊毛の上に生えている草を聞くことができます)、Odinが知識と知恵の代償としてミミールの井戸に目を誓うのと同じように井戸に預金します。確かに、ヴォルバはスタンザの後半とスタンザ28でこのオディニクの犠牲を指しています。

最後に、スタンザ47にユグドラシルはラグナロク、最終的紛争エントレ神々と巨人の間に震えると唸らされますseeressを予告。ツリーはスルトの火の大火を生き残った場合、私たちが具体的に語られていないが、世界の復活や神々と男たちの新しい世代は、正の兆候です。

John LindowはGro Steinslandの分析方法について説明します VOLUSPA そして重点は詩を通じてユグドラシルであるように、本で犠牲とアセンブリの場所(27)のように、過去の種子におけるICTの存在(スタンザ2)から、空間の統一目標aussi年代団結、だけでなく、を持ってQUEラ・ツリーを示していますコスモス(47)の終焉の象徴、そして最終的には将来の(63)に予言目でルーン占いのために神ヘーニルによって選ばれた木製のアイテムで表現新世界のシンボルとして。 [2]

詩によると ハヴァマール, 彼は逆説的に木からぶら下がっています(通常、イグドラシルは人間にとっての犠牲として神として生きています)。彼は縄文の知識を得るために、9泊分のこの超越意識のパンと苦難に苦しんでいます。

138. "私は風の強い木に掛かっていたことを知っています 9つの長い夜、 オーディン専用の槍で負傷し、 自分自身に自分自身、 男は知らない その根がどこから走るのか」 139。 「パンなしで、彼らは私に角笛の飲み物を与えた。 下向きに私は覗いた。 私はルーンを取り上げて、私は彼らを取って叫んだ、 それから私はそこから落ちた」 [1]

ここでは世界樹の名前、 YGG-drasill, 「ひどい馬」を意味する。 Saamiのシャーマンに関連して、人は彼らの Hugr ( '魂'、 'mindforce'、または '意識')、ある世界から別の世界へと木を移動することができます。すべての世界の全体を熟考し、ギンガガップの無限の無さを味わうためにそれらを超越するために、存在力を目覚めさせる。 Óðinn「しわ」ツリーが書かれた言語の形で現実を超えるパワーを達成達成するために、生と死の世界を超越トランスのような経験に到達します。

グリームニルの言葉 イグドラシルはこれについて多くのことを述べています。 Selonは25と26スタンザ、ヤギヘイズルーンはヴァルハラの屋根の上に立って、ツリーの葉や枝からのフィード。彼女の乳房からは、エナジャーのためのミードの無限の供給が流れます。同様に、クワガタエイクスュルニルaussiは、ホールの屋根の上に木からのフィード、そして彼の枝角からニヴルヘイムにquiの上にある源泉フヴェルゲルミル、に、すべての川からの水のしずくが流れ。両方のスタンザでは、この樹木はラエラドと呼ばれますが、しばしば世界樹と同一視されます。オーディンのホールに対して両方共有同様の位置は、両方とも、両方のツリーに関連してICTの葉、及びフヴェルゲルミルならびに株から栄養を導出動物と関連しています。

Stanzas 29〜35はさらに詳細を述べている。毎日、神々はイグドラシルに乗って判断を下し、発音する。木の3つの根は3つの別々の方向に成長します。第一は第二に、第二は霜の巨人の中で(その領域は命名されていませんが、おそらくJotunheimです)、第三は人間またはミッドガードです。その ギュルヴィたぶらかし のセクション Prose Edda, 第3の根(人間の間で)は、神の中でアスガルドのスノリによって配置されます。スタンザaussi言及はまだ多くの生き物が4デインDvalin、DuneyrとDuraþrórという名前の最高大枝をかじるユグドラシルのスタッグス、だけでなく、ヘビの大群を含め、ツリーを移入します:

34。 "より多くの蛇がYggdrasillの灰の下に横たわっています 想像できるどんな愚か者よりも: GoinとMoin、彼らはGrafvitnirの音です、 GrabakとGrafvollud、 OfnirとSvafnir私は永遠になると思う 木の枝のコック。 [1]

また、ワシは竜Nidhoggが下から木を与えながら、上に腰掛け、および2エントレレ悪意に満ちた言葉を担うメッセンジャーの役​​割を提供することEST徐々に実行して、トランクQUIの長さがダウンしなければならないラタトスクという名前のリスです座っています腐敗。 「灰の男性が知っているより多くの苦しみのユグドラシル苦しんでいる」と、まだselonスタンザ44は、それはまだ「木の高貴」です。

フョルスヴィーズルの言葉, 詩の第2部分を形成する Svipdagsmál, 二回通常によるICTの源泉の一つのキーパーとして世界樹とミーミルの接続にユグドラシルへidentiquesを考えている期限切れMimameid(「ミーミルの木」)と呼ばれる木をQUI言及しています。詩Selon、それは神秘的なルーツを持って、すべての土地の上に海外でのICTの手足をキャストし、火災や鉄を通しません。女性が食べ、その果実は、安全な出産を確保するための力を持っている、とヴィゾーヴニルという名前の最高の枝に止まり木金鶏(ヴィゾーヴニル)の上部にあります。

その ギュルヴィたぶらかし 彼のセクション Prose Edda, Snorri Sturlusonは、 詩的なエッダ 特定のアイデアを拡大し、初期の素材をYggdrasil自身のデザインの基礎として使用しています。 Snorriによると、その根の一つはHvergelmirの泉でNiflheimに広がり、ヘビが蔓延しています。ここで、根はNidhoggのドラゴンによって噛まれている。第二のルートは、ミーミルのまあ、知識と知恵の源で「ギンヌンガガプはかつて」霜の巨人の中に広がります。 3番目のものは、神の中でアスガードに入る( 詩的なエッダ ミッドガードは死人の間にあります)、ここにはウッドの井戸があります。彼らは歩いているトールを除いて毎日虹の橋に乗っている。

また、世界の鼻で灰の下に位置しています。彼らは(根治湿布を形成する)だけでなく周りのある泥と水を混合したICTの枝が減衰したり腐敗しないように木の上にそれを注ぐ、と餌様々な動物やモンスターによって引き起こされる傷からそれを再生するために、それから。世界には2つのものがあり、これは世界で最も重要なものの1つです。ノールズが使用している「輝きのあるローム」です。イグドラシルは、また、蜂が餌になる蜜蜂の源であるとも言われています。

9つの領域の順序。

北部:ニフハイム

東にある:Jotunheim

南部:Musspelheim

西では:Vanaheim

中心部:ミッドガード

上:AlfheimとAsgard

以下:SvartalfheimとHelheim

世界樹は、いくつかの動物が生息している、Nίðhӧggr、女神ヘルQUIのペットのドラゴンは、ツリーQUIバインドそれの根を噛む、憎悪エントレのメッセージを虫歯ラグナロクが発生したときにカラスますVeðrfӧlnirオンドリ、Ratatӧskリス、鷲とNίðhӧggr。名前が付いていない。このワシは、多くの知識を持っている、と言われて、それがVeðrfӧlnirのICTヘッドを座っています。 Veðrfӧlnirの目的の意義は不明であるジョン・リンドウそれは知恵の高い教員を表すことができることを示唆している、オーディンのワタリガラスHuginはとMuninのと同様の方法で知識を習得するために出おそらく感じています。 [2]

イグドラシルは世界の終わりであるラグナロクの神話の中心にもなっています。ラグナロク(神々の中でいくつかの生存者がある)、LIFおよびLifthrasirを生き残るための唯一の2人は、彼らが露に供給し、木によって保護されているユグドラシルの枝に避難によって脱出する信頼性があります。

イグドラシルは明らかにウプサラの神聖な木の中で、より象徴的な常緑樹 Irminsul, それは異教徒のサクソンによって崇拝され、天と地を結ぶと言われたオークであった。旧ノルウェー形式の IRMIN ました Jörmun ちょうど好きです YGG, オーディンの名前の一つだった。 Irminsul 異教徒サクソンの間でイグドラシルに世界を代表していたかもしれない。

木の象徴のためのゲルマン文化の思い入れは、このようなトールのオークなどの他のボスの木がEMを説明すると、(8世紀)存続口座に登場し、早く10世紀におけるスカンジナビアルーシ部族とのアフマド・イブン・ファドラーンのアカウントデ息子の出会いで、広範な-されているように見えます濃いブルーで「首に指の爪」から入れ墨として「木のパターン。」

17世紀のアイスランドの写本からのこのイラストは、イグドラシルにそれに住む様々な動物を示しています。

ДревоИггдрасиль - основаВселенной

ВскандинавскоймифологииДеревоИггдрасиль - этоогромныйясень(подругойверсии - тис)которыйметафорическипредставляетсобой「скелет9raquo。 обозримогомира。 ПозжеугерманскихнародовЯсеньИггдрасильсталназыватьсяИрминсуль、егопокровителемявлялсябогИрмин、вероятно - образ、возникшийприблизительновVIIIвекенаосновескандинавскогообразабогапобедыТюра。

ФактическиИггдрасильиестьсамаВселенная。 МирыИггдрасилясуществуютнаразных「уровнях9raquo;некоторые - вкронедерева(как、например、АсгардиАльвхейм)другиенауровнествола(Мидгард)третьи - вегокорнях(например、ХельхеймиСвартальвхейм)。 ОднакоэтоболеепозднеепредставлениеоструктуреМировогодреваИггдрасиль(бытовавшеесредифризов)。 Внаиболеераннихэддическихтекстах、вчастности - в「РечахГримнира»из«СтаршейЭдды」говоритсяотом、чтовсе "ключевыемиры" располагаютсяукорнейЯсеня。 ОдинкореньуходитвХельхейм、второй - Мидгард、третийв - Ётунхеймв。 ХотявСтурлуссоновскойЭддепредлагаетсянесколькоинойвариант:первыйкореньДреваИггдрасильуходитвАсгард、второй - вНифльхейм、третий、опятьже、вЁтунхейм。 Чемвызванытакиеразночтения、несовсемясно。

Согласноэддическимтекстам、корниИггдрасилярасполагаютсявовсененижнейчастимироздания、чтобылобылогичным。 Например、в "ВиденииГюльви" сказано、чтототкорень、подкоторымнаходитсяисточникУрд、находится "нанебе"。 Инымисловами、Иггдрасиль、значениекоторогодлядревнихскандинавов、былом、несомненно、оченьвелико、имеетнепростуюмногоуровневуюструктуру、которая、возможно、выходитзарамкипривычногонамтрехмерногомира。 ОднакокореньУрднаиболееизвестныйизвсехкорнейИггдрасиля。 Именноподэтимкорнемживуттринорны、которыхзовутУрд(чтозначит "илисудьба9raquo;" прошлое9raquo;)Верданди(впереводесдревнескандинавского - "становление9raquo;、или" настоящее9raquo;)иСкульд(чтозначит「илидолг9raquo; 「будущее9raquo;)。 Норныпрядутнитилюдскихсудеб、ониопределяют、комусужденобытьвеликимгероем、актосгинетвбезвестности。 Иэтотобразтакженеоднозначен、ведьдревнескандинавскаятрадициянебылафаталистична、согласноееканонамчеловеквлюбоймоментвременисамопределялсвоюсудьбу。 НорныподдерживалиДревоИггдрасиль、непозволялиемусостаритьсяипогибнуть。

ВторойкореньИггдрасиляизвестентем、что、согласно "МладшейЭдде" возленегонаходитсянекийисточникмудрости、которыйстережетМимир、величайшийизётунов。 ИменноМимируОдинотдаетсвойправыйглаз、чтобынапитьсяизисточника。 ПослеэтогоритуалаВсеотецпригвоздилсебясобственнымкопьемкстволуЯсеняИггдрасильипровиселтакдевятьдней、покаемунеоткрылосьсокровенноезнаниеорунах。 Сдругойстороны、известнаинаялегенда、согласнокоторойМимирбылзаложникомванов、позжеегоубилииобезглавили。 ВсоответствиесэтойверсииОдинотдалсвойглаз、чтобыоживитьголовуМимира(в "МладшейЭдде" наэтотсчетсказано、чтоВсеотецзабальзамировалголовувеликана)。 ЗатемОдинпоместилголовуМимирауисточникамудростиипериодическиходилкнемузасоветом、одновременночерпаязнанияизисточника。 ТакжевСтурлуссоновскойЭддесказано、чтоМимирсампилизисточника、зачерпываяводурогомГьяллархорн。 Этототсамыйрог、который、согласнотекстуобоихЭдд、принадлежитХеймдалю、такчтоданныйфрагменттакженесовсемпонятен。

ПодтретьимкорнемИггдрасилянаходитсяХвергельмир(впереводесдревнескандинавского "КипящийКотел")。 Этотолиисточник、толиколодец、изкоторогоберутначаловсеподземныереки、вчастности - легендарнаярекаГьелль、отделяющаяХельхеймотНифльхейма。 Хвергельмирнаполняетсявлагой、чтокапаетсроговоленяЭйктюрнира(впереводесдревнескандинавского "сдубовымирогами")。 ЭйктюрнирстоитнакрышеВальхаллыипитаетсялистьямискроныДреваИггдрасиль。 Тоестьмывновьвидимдостаточнонепростуюпространственнуюмодель、согласнокоторойкорниИггдрасилярасположенынаразныхуровнях。

オブラズのモフログリスト、

Вболеепозднихмифахговоритсянеободном、аочетырехоленях、чтопасутсявкронеМировогодрева。 ВетвиИггдрасилятакжеявляютсяприбежищемдляогромногоорла、которыйявляетсявоплощениеммудрогойотунаХресвельга、своимикрыльямионпорождаетветер。 Наорле(илимежегоглаз)восседаетсоколВедрфельнир、которыйвидитвсе、происходящеевмире。 УкорнейИггдрасиляживетдраконНидхегг(этимологиянеизвестна)。 Нидхеггпожираетдушилюдей、которыевелинедостойнуюжизнь、этообманщики、убийцы、клятвопреступники。 МудрыйорелизветвейИггдрасиляпостоянночто-тоговоритдракону、итототвечает、нотаккакрасстояниемеждунимислишкомвелико、тосообщенияпереноситбелкаРататоск(впереводесдревнескандинавского - 「грызозуб9raquo;)。 ОднакоНидхегг、обитаявсамойглубинеХвергельмира、постоянноподгрызаеткорниИггдрасиля、стремясьсломитьдерево。

Такжестоитупомянуть、что、согласно "МладшейЭдде" укорняУрднаходится "судилищебогов" кудаасыприходяткаждыйдень、чтобырешатьнасущныевопросы(несовсемясно、почемуонинемогутделатьэтоговАсгарде)。 Такимобразом9мировИггдрасиляпересекаютсявразличныхаспектах、образуязамкнутуюсистемуВселенной。

Приэтомэтимологияслова「иггдрасиль9raquo。 достаточноочевидна。 「Игг9raquo; - этоодноизименОдина、а「драсиль9raquo。 значит«скакун9род; Тоестьдословно「иггдрасиль9raquo。 можноперевестикак "Одинаскакун"。 Многиеисследователивидятвэтомотражениемифаотом、какОдинпровиселнадеревевпоискахмудрости。 Отсюдапроисходитнаиболеепопулярныйкеннингвиселицы - "скакунвисельника"(ведьОдиначастоназывалибогомвисельников)。

ВзавершениистоитчутьподробнеесказатьовышеупомянутомгерманскомИрминсуле、которыйвоплотилвсебеидеюМировогодреваИггдрасиль。 Какполагалисеверныегерманцы、ИрминсульрасполагалсявВестфалии、аеслиточнее - врощеукрепостиЭресбург。 ОднакоэтотогромныйясеньбылсожженКарломВеликимвгоду772(Карлстремилсякреститьгерманцев)。 ВторойИрминсуль、согласнолегендам、располагалсявТюрингии、направомберегурекиУнштрут。 Разумеется、наданныймоментникакогоуникальногоилихотябыособокрупногоясенятамнет。 Даивообще、очевидно、чторечьвэтихлегендахидетлишьосвященныхрощах、капищах、местахпоклонениядревнихгерманцев。 ВедьмифологическийЯсеньИггдрасиль - этововсенедерево、искандинавыэтоотличнопонимали。 Речьшлаоструктурекосмоса、окотором、бытьможет、викингизналигораздобольшенас。 ВедьмногиеаспектымифовобИггдрасиледосихпорнеясныисследователям。

楽しいです!サウンドボード!ゲーム!携帯電話!いたずら!

2人は完璧なカップルになるでしょうか?あるいは、彼らは他の誰かを探し始めるべきですか?見つけてください!

2人のユーザーの互換性を確認するには、--ship @username @secondusernameを使用してください。 Yggdrasilは超秘密のアルゴリズムを使って互換性を計算します!どのように互換性のある友達が見てみたいですか? --friendscoreコマンドを試してみてください!

今、あなたはあなたの友人(そして他の誰か)と競い合って、誰が最長スピンナーをスピンできるのかを見ることができます!

--spinner [type]と入力するとfidgetスピナーが回転し始めます。 [type]をスピンしたいスピナーのタイプに置き換えてください!使用可能なスピナータイプには、赤、オレンジ、黄、緑、ミント、青、紫、ピンクがあります

現在のハイスコアを見るには--spinnerスコアを使用します。あなたが配置していない場合は、心配しないでください!スコアはほんの数時間で、上に乗ろうとするために回転し続けることができます!

あなたの友人や敵と戦い、誰が上に出てくるのか見てみましょう!

誰かとの戦いを開始するには--deathbattle @usernameと入力するだけです.Yggdrasilが残りを行います!

あなたがそれらを必要とするときに素晴らしい音を再生する!

これらの素晴らしい音をすべてチェックしてください!

--airhorn --brainpower --cena --cheer --cricket --duel --easy --fakeping --knocking --numberone --oof --trombone

あなたのサーバーにいなくても、いつも他の人と話したがっていますか?さて、あなたはすることができます!ちょうど電話をしてチャット!

多くの携帯電話が利用可能です!

--スピーカーフォン - ユーザーフォン - イヤーフォン - フリップホーン - スクランブルフォン - フォンフォンフォン

電話を切るには、同じコマンドを使用してください!

あなたの挨拶のために美しい歓迎を作成してください!

これらの画像を表示するには、 !歓迎! 提供されたイメージに示されているように、チャンネルの話題に。あなたはYggdrasilがメッセージを残すようにすることができます !さようなら! チャンネルのトピックで

注:背景を変更することはできません。Yggのお気に入りの写真からランダムに選択されています。

あなたのサーバー上のYggdrasil!

--pokefusion --rip --Even --joke --useless --spoilers --loading --gold --nitro --report --quote

かわいい動物の写真を見てください!

人生や何かを決定する!

--First Secondを選択します。 --8ボール私は成功するだろうか? --fortune --roll 3d20

サーバー、そのメンバー、ボットなどについて知ることができます。

次のコマンドでいくつかの情報をチェックしてみてください! --avatar @user --serverinfo --userinfo @user --about --ping --invite

*

  • Наглавную|| |Поискпосайту|
  • Списокмонстровидухов
  • 高齢者のモノマー
  • Классификацияииерархиясуществ
  • Демонология
  • Носителимагии
  • ПантеоныБогов
  • Мифолог-еисвященныеартефакты
  • ラスト擬態法
  • Мифические、волшебныенароды
  • Мифологическиеместаобитания
  • Звезднаямифология
  • Животныевмифологии
  • Героимифовилегенд
  • События、праздники、ритуалы
  • 占星術、ミジザ
  • Мифонедельник-статьи、материалы
  • Галереясайта
  • Библиотека
  • Лавкаволшебныхартефактов
  • Библиографиясайта

    СветланаЛаврова:Цветыидеревьявлегендахимифах

    Лысковский:Цветочноекружево - легендыорастениях

    Цветывлегендахипреданиях(Иллюстрации - короб)

    Легендыимифыорастениях。 ЛегендыДревнегоВостока、языческиемифы、античныепредания

    Магическиесвойстварастений。イリーナ・スタリーナ

    Магиядомашнихрастений

    . Иггдрасиль - вскандинасвкоймифологииМировоедрево - гигантскийясень、являющийсяструктурнойосновоймира、древожизниисудьбы。 Иггдрасиль。 определяет "вертикальнуюпроекцию" пространственноймоделимираскандинавскоймифологии、соединяяразличныемиры(небо、землю、подземныймир)。 ХарактеристикаИ. содержитсяв "СтаршейЭдде"( "Прорицаниевёльвы" 2、19、28идр。 "РечиГримнира" 31ислед。)、атакжев "МладшейЭдде"。 Вёльва (Провидица)(встрофе2)называетИггдрасильmiotvib maeran(т。Е. "Древоのмеры、прекрасное" или "знаменитое")。 Онаупоминаетдевятьмировисоответствующиеимдевятьiviui。 Этословопереводятпо-разному "деревянныйинвентарь"、 "тисовыедеревья"、 "корни"、 "широкие"、​​ "лес"。 Учитываясибирскиепараллели、следуетэтословоскореевсегопереводитькакдревеснуюопору、основу "костяк" каждогоиздевятимиров。 НавершинеИггдрасилясидитмудрыйорёл、амеждуегоглазами - ястребВедрфёльнир( "полинявшийотнепогоды")корниИггдрасилягложутдракон Нидхёгг измеи。 ПеребранкумеждуорломидракономпереноситснующаяпостволубелкаРататоск( "грызозуб") - своеобразныйпосредникмежду「верхом»и«низом」。 Насреднемуровнечетыре оленя щиплютлистьяИггдрасиля。 Крометого、оленьЭйктюрмир( "сдубовымикончикамирогов")икозаХейдрунедятеголистья、стоянакрышеВалъхаллы。 ТрикорняИггдрасиляпростираются、согласно "СтаршейЭдде" вцарствомёртвых、квеликанамилюдямили、согласно "МладшейЭдде" - кбогам(асам)инеистымвеликанам(хримтурсам)икНифльхейму(странамрака)。 Согласно "МладшейЭдде" уИггдрасилянаходитсяглавноесвятилище、гдебогивершатсвойсуд。 Подкорнямирасположеныисточники - Урд («Судьба»)、источник Мимира, Хвергельмир ( "Кипящийкотёл")。 "МладшаяЭдда" определённосвязываетУрдснебеснымкорнем、источникМимира - свеликанамииХвергельмир - сНифльхеймом。 НоестественнеесвязатьодинизкорнейслюдьмииснимУрд、посколькууэтогоисточникаживутнорны、определяющиесудьбылюдей。 Норныполиваютвлагойизисточникадерево、чтобыоно、подгрызаемоезмеямииоленями、негнило。 Можнореконструироватьипредставлениеотом、чтомедвяныйисточникМимирапитаетмировоедрево、носдругойстороны、самИггдрасильпокрытмедвянойвлагой、ипоедающаяеголистьякозаХейдрунпитаетнеиссякаемыммедвяныммолокомпавшихвбоювоинов(эйнхериев)вВальхалле。

    КаквечнозелёноедревожизниИ. пропитанживительнымсвященныммёдом(см。 Мёдпоэзии)。

    Иггдрасильсвязансодиническоймифологией。 т "Иггаконь" Слово "Иггдрасиль" буквальноозначает。 е。 коньОдина(Игг - другоеимяОдина)иотражаетмифомучительнойинициации( "шаманском" посвящении)Одина、которыйпровисел、пронзённыйкопьём、девятьднейнаэтомдереве。 Этоназвание、возможно、такжеподчёркиваетрольИггдрасилякакпути、покоторомуобожествлённыйшаман(какимотчастиявляетсяОдин)странствуетизодногомиравдругой。 Возможно、чтоОдинвмифологемемировогодревавытеснилгромовникаТора、посколькуимеютсянамёкинасвязиТораскультомдубаиэтинамёкиподдерживаютсяиндоевропейскимипараллелями。 КромеОдина、сИггдрасилемтесносвязантакжестражбоговХеймдаллъ、который、некоторымпредположениям、являетсяегоантропоморфнойипостасьюをпо。 по-видимому、ЛерадиМимамейд(отМимира、хозяинамедвяногоисточника) - Иггдрасилясинонимы。 Егокультовымэквивалентомбылисвященныестолпы - деревья、известныевисторическиевременавШвецииидругихместах。 СеверогерманскийхронистАдамБременский(11в。)СообщаетосвященномтисевхрамовомкомплексевУпсале(ср。ПочитаниестолпаИрминсуль、соотносимогосбогомИрмином、усаксов、очёмсообщаетВидукиндв "Историисаксов" 10в。)。

    АвторэлектронноймифологическойэнциклопедииАлександроваАнастасияmyfhology.narod.ru

    1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (Пока оценок нет)
    Loading...
  • Like this post? Please share to your friends:
    Leave a Reply

    + 25 = 35

    ;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!:

    map